東日本大震災

2011年3月11日、宮城県沖を震源とする東日本大震災が起こりました。

宮城県の亘理町を知っていますか?
メディアにも取り上げられない太平洋に面した小さな田舎町です。
こんな小さな穏やかな町にも津波は三陸海岸同様に押し寄せ、大切な人と生活の全てを奪っていきました。

 

亘理は仙台いちごの一大産地。
宮城県オリジナルブランド「もういっこ」は大変おいしいと評判で、亘理を地元に持つ者にとっては大きな自慢でした。

 

しかし、この津波で地元いちご農家の9割が被災し、ハウス、農機具など全てを失い、営農不可能な状況です。

 

震災直後は誰しもいちご作りを諦めました。
そのくらいあの津波がもたらしたものは悲惨でした。

 

いちごを守ろうと畑へ引き返した農家が何人も犠牲になりました。
本当に何人も・・・

 

命と引き換えにしたいちごまでも、今、瀕死です。

 

いちご作りたくても死んでいったやつがいるんだ。
いちごまで殺してたまるか!

 

生き残った農家達は、今、前を向いて立ち上がろうとしています。
でもやはり全てを失った状態からのスタートではなかなか前に進めません。
どうか皆様、この小さな町の復興のためにお力を貸していただけないでしょうか?
皆様のご協力が必要です。
どうかよろしくお願いします。

 

 

 


更新履歴